fc2ブログ
2018-01-29

慶長4年4月5日 伊達政宗起請文 自筆

今井宗薫 有馬則頼宛です

閏三月に覚書として、こちらは起請文として出しています

宛は同じです

一筋に内府御手前を守り~と書かれています


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
スポンサーサイト



2018-01-29

伊達政宗 2通の起請文 その1

慶長4年正月に家康による大名との私婚問題が大老+奉行衆によって持ち上がり、伏見へ詰問使が派遣されました

畿内では逃げ惑う人々もいたようです

しかし家康と4大老+奉行衆間で起請文を交わし、この騒動は収束します

その騒動収束から日を置かずに石田三成が大坂で茶会を開きました

その時の客の中に、私婚問題で名前が挙がった伊達政宗もいました

葡萄酒が振る舞われたようです

どんな話が持ち上がったのかは、宗湛日記には書かれていませんが、伊達政宗は閏三月と四月に起請文を提出しています

一有馬中務少輔殿・今井宗薫迄被指上候御返書写

     覚
 一中納言殿御取合之事
 一何れニもかまハす、一筋ニ御手前守申上、行末共ニ、身上取立可被下事、
 一如何様之義成共、可被仰付候、毛頭不可存疎意事、
 一自然国へ之路次不自由之時、可預御吟味事、
 一節々如申、中悪衆へ御心付之事、
 一物色たち候て後、いつかたニても一ヶ所、御預被成候ハヽ、下々妻子共ニ置可申事、口上、
 一弥秀頼様無御油断、可然事、以上、
                   大崎少将
      閏三月八日        政宗判
        有馬中書様
        宗 薫  様

 右ハ今井七郎兵衛殿有之由、記録抜書ニも写有之、御記録へ写載之、


(伊達政宗書状)

さすがに三成の茶会に参加して「まずい
」と慌てたのかもしれませんね

 
2018-01-06

慶長5年7月21日 細川忠興書状

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします

本年第一弾は

歌仙兼定の持ち主

今迄は正室のガラシャの方が有名だったが、とうらぶで忠興の名前も全国区!(ですよね)になったと確信しています

細川忠興書状です

この書状、「徳川家康文書の研究」の中で中村氏が大絶賛されています(家康書状集なのに・・・)

「さすがに聡明なる理解と、的確なる判断と、周到にして細密なる注意とが躍動してをり、當年三十七歳なる筆者忠興の俊邁なる性格を如実に表現する名書状である。」

と書かれています


7月21日 細川忠興自筆書状
7月21日 細川忠興自筆書状 2

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

tag : 慶長5年7月松井康之有吉立行細川忠興

プロフィール

tidurumoeguti

Author:tidurumoeguti
ブログ引っ越しました。
目指せ「新版 関ヶ原史料集成」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

初心者なのに古文書!
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR